概要

今日の国際社会では世界の共通語として英語の役割がますます高まっています。本学の英米学科では広く国際的な場で活躍できる、確かな英語力と幅広い教養とを兼ね備えた、真の意味で「実力のある」国際人を育てることを目標としています。必修の専攻英語によって、「話す」「聞く」「読む」「書く」というバランスのとれた英語力を身につけるとともに、「語学?文学」「法律?経済?商業」「総合文化」「国際コミュニケーション」の4コースから学生が選択して、それぞれ興味をもつ学問分野について深く学び、専門的知識を身につけることができます。

入学者の受入れ方針すなわち求める学生像としては、以下の3点にまとめる事ができます。

  1. 英語圏を含め、様々な言語?文学?文化?社会に対する興味を抱いていること。
  2. 相手の考えを正確に理解し、自分の考えを的確に伝える努力を、日本語でも英語でもできること。
  3. 知的好奇心と探究心を持っていること。

特徴

本学の英米学科は少人数クラスによる高度な英語の運用能力の養成とともに、英語圏の言語?文学?文化?社会に関する専門知識の習得を目指します。また英米に限らず国際社会における異文化間理解?コミュニケーションに必要な視点?スキルを身につけると同時に、異文化に対する理解を深めることで、自分達の文化を新たな視点からとらえ直すことのできる人材を育成します。さらに少人数のゼミでは、専門分野のテーマについて研究し、論文にまとめ、発表する能力を育成するための指導を行います。

また留学制度の充実の一環として、派遣留学として短期?長期の留学で取得した単位を本学の履修単位として認めることで、留学しても4年で卒業することが可能です。

カリキュラムの概要

学部英米学科所属の学生は以下の5つの科目群を履修します。

専攻英語 I階程からIV階程まで設けられた段階に沿って、英語の運用能力と英語についての専門的知識を習得します。
兼修語学 ロシア語、中国語、イスパニア語、フランス語、ドイツ語、の中から1つを履修し、言語運用の幅を広げます。
学科基礎科目 英語圏の社会?文化?文学?言語に関する基礎知識を習得します。
全学共通科目 専門科目を学ぶための基礎となる知識を習得します。
コース科目 4つのコース(語学文学、法経商、総合文化、国際コミュニケーション)の中から1つを選択し、各コースで設けられている専門科目を履修します。
ゼミナール 各コース科目の教員が主宰するゼミに所属し教員の指導のもとに専門分野を研究していきます。